徳島県北島町 高田歯科クリニック TAKATA Dental Clinic

INFOMATION

アクセス
徳島県板野郡北島町
鯛浜字西ノ須34-4
TEL 088-698-0555

アクセスマップ

診療科目
一般歯科・小児歯科・予防歯科・インプラント
診療時間
9:30~12:30 14:00~18:30
(土曜は9:00~12:30 14:00~18:00)
休診 : 木・日・祝
(ただし祝日のある週は木曜午前診療)

インプラント治療 IMPLANT
予防歯科を治療科目に掲げる先生がなぜインプラントをするのでしょうか。 一見矛盾しているかの様に考えられますね。実はインプラントには残っている歯を守るという特性があります。ただしインプラントが他の治療法より必ず優れているとはかぎりません。少し長くなりますが説明させていただきます。

インプラントの特性を生かせる3つのケース 3 cases being able to best use of implant

私はインプラントの特性を生かせるのは次の3点ではないかと考えています。

  1. 1本中間の歯がなくなった。ブリッジを考えたが、隣の歯は健全で削りたくない。 または1本なくなったが隣の歯は別のブリッジの台に使用されていて使いにくい。
  2. 最も後ろの歯が2本以上なくなるなどして、ブリッジでは対応ができなくなった。 または多数の歯が連続してなくなりブリッジで対応できなくなった。
  3. 総入れ歯を入れているが、痛くて咬めないもしくはすぐはずれてしまう。 また多くの歯がなくなり咬み合わせが崩壊してしまって、かみ合わせを最構築しなければいけない。

従来の治療法とインプラント治療法との比較 comparison between past method

従来の治療法 インプラント治療 歯が1本抜けた場合 ブリッジ ブリッジの支台とするために、両隣りの歯を削らなければなりません。 歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人工の歯を被せるので両隣りの歯を削ることがありません。 奥歯が数本抜けた場合 部分入れ歯 入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。 入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。 歯が全部抜けた場合 総入れ歯 入れ歯が口の中で動いてしまい、「噛みづらい」や「話しづらい」などの不便さを感じることがあります。 インプラントにより、入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができます。 (マグネットを使用した治療例 
JMMインプラント治療の案内より

インプラント治療に関するQ&A Q&A about implant

Q インプラントの素材は何ですか?

Aインプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

Q インプラント治療を誰でも受けることができますか?

A年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。ただし、心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人などは受けられない場合があります。また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれの場合も事前に歯科医師とよくご相談ください。

Q インプラント手術に伴う痛みは?

A手術は局所麻酔下で行いますので、ほとんど痛みはありません。インプラントの埋入手術の処置時間は約30分~120分です。

Q 治療費はどの程度かかりますか?

Aインプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険が適用されません。実際の治療費はインプラントの種類や本数、被せる人工の歯の材質などによって異なりますので、詳しくは歯科医師とよくご相談ください。

Q インプラントはどのくらいもちますか? また、手入れは?

Aインプラント自体は生体となじみの良いチタンでできています。長持ちをさせるのに重要なことは自分の歯と同じような手入れをすることです。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするため、半年に1度は定期検診を受けてください。

部分入れ歯やブリッジとの比較 comparison between partial artificial tooth and bridge

私が日常どのように説明しているかを、欠損補綴の代表的な部分入れ歯やブリッジと、インプラントを比べてお話させていただきます。。

部分入れ歯はどうでしょうか?

実は部分入れ歯では咀嚼圧(咬む力)を十分負担できないために、残った歯に負担がかかりやすく、特に固定するためにばね(金属の針金)をかけた歯には力が加わりやすいなどの欠点があります。長所はインプラントと比べて外科処置を伴わない、保険診療可能で費用がインプラントよりはるかに安い(保険のきかない特殊な入れ歯は除きます)、治療期間が短い、修理が易しい事などでしょう。

ブリッジはどうでしょうか?

ブリッジではなくなった歯の隣の歯を削って装着します。もしその歯が何の治療も受けていない天然歯であれば、やはりもったいない気がしますね。歯は削れば弱くなってしまいます。 またブリッジで対応不能な場合があります。
例えば
①奥歯がなくなって後ろに台になる歯がない
②中間の部分でも前歯では5本以上、奥のほうでも3本以上連続してなくなってしまった
場合です。このときは部分入れ歯かインプラント治療を考えます。 長所は治療期間が短い、保険診療が可能(但しどの歯がなくなれば、どの歯を 削らなければいけないかという詳細な保険のルールがあり、そのルールに従わなければ なりません。またもし適応外でれば保険診療は受けれません。)ブリッジは入れ歯に比べて 違和感が少ない。取り外しの必要がないなどでしょう。

 

このようにそれぞれに利点、欠点があります。歯をなくしてしまった時は、多数の治療の選択肢のなかから相談し、説明をうけながら治療法を選んでいくようになります。

→トップページへもどる

ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。